オンラインショップ

塩干物専門店 「塩干の太助」

塩干の太助
オンラインショップ
太助のテーマソング

会社概要

ごあいさつ

私たちは塩干品を通じて消費者のみなさまへ真心を売ることが社会への奉仕です。

平素は格別なるご高配を賜り誠に感謝申し上げます。
さて当社はこの地名古屋で昭和49年に誕生しました。
当社の親会社が水産品を柱とする食品卸であることから、
アンテナショップとして干物・鮭鱒を中心とする塩干の専門店を開店したことから始まりました。
今では「塩干の太助」の店名で中京地区を中心に東は新潟、西は京都への出店をさせていただきました。
総店舗数は87店舗です。

また、魚を店内で調理し、うなぎ蒲焼や焼魚・煮魚を中心に、あゆの塩焼・お祝い塩鯛・ぶりの照焼・さば姿焼等出来立ての鮮度にこだわって、
現在8店舗「漁菜やきはま」の店名で魚惣菜の店舗を営業させていただいています。
今では香港へ海外出店。塩干の太助の店名でおかげさまをもって多くの現地の方から支持をいただきサーモンが大人気、
香港の方がこれだけ日本食、日本人の対面販売 MADE IN JAPANへの信頼性が高いことに驚かされました。

おかげさまで親会社の水産部門が全国、世界からの魚の調達を容易にできること、
また工場部門との連動をもっていち早くお客様のニーズをつかみ、当社の看板である店頭で社員のお客様へ対面販売にてその日の店長のおすすめ品、
今の旬、調理方法、美味しいレシピをご提案させていただきます。

また、社内教育制度の一環として干物マイスター講座を開設いたしました。
塩干品のうまさ、栄養価、美味しい調理方法、保存方法、鮮度保持、製造方法、産地等の習得を推進し
消費者のみなさまへ「少し感動、ちょっとうれしい、ちょっぴり幸せ」をモットーにこれからも社員一同精進して参ります。

営業理念

1. 私たちは塩干品を通じて消費者へ真心を売ることが社会への奉仕である
2. 真心とは素直に消費者へ美味しい商品を食べてもらいたいと思う心
3. 皆でともに助け合い、共通の奉仕の心で励む
4. 消費者の動向は絶えず変化する。その変化を感じ、消費者の立場に立って励む
5. 接客サービス業としてあいさつ、清潔(身の回り・作業場・売場)を徹底する
6. 商売は事前準備が重要 優位な仕入と情報をいち早く得ること

会社概要

設立 昭和49年11月
代表者名 加古 博嗣
売上 33億5000万円
店舗数 95店舗(直営店64店舗、FC店31店舗)
従業員数 239名(正社員64名、パート社員175名)
事業内容 水産加工品および食料品の販売
塩干の太助

沿革

1995年 長野県に初出店(アピタ飯田店)
1996年 福井県に初出店(アピタ福井店、2015年閉店)
1999年 山梨県に初出店(アピタ田富店)
2000年 石川県に初出店(アピタ金沢店)
2000年 滋賀県に初出店(ユーストア水口店、2012年閉店)
2003年 新潟県に初出店(アピタ新潟西店)
2004年 奈良県に初出店(アピタ大和郡山店)
2004年 ヤマナカ店舗に初出店(八田フランテ館)
2004年 アピタ店舗に漁菜やきはま初出店(アピタ鳴海店)
2004年 100店舗達成
2005年 京都府に初出店(アピタ精華台店)
2005年 神奈川県に初出店(アピタ長津田店)
2006年 福島県に初出店(アピタ会津若松店、2014年閉店)
2006年 茨城県に初出店(アピタ佐原東店、2011年閉店)
2007年 群馬県に初出店(アピタ前橋店)
2007年 プライバシーマーク取得
2010年 埼玉県に初出店(アピタ東松山店)
2012年 一部店舗にてISO22000取得
2016年 アピタ戸塚店に尾張屋の太助出店
  • 焼き方はこちら
  • 商品紹介はこちら
  • 店舗情報はこちら

お問い合わせ・資料請求

干物・乾物のことなら塩干の太助におまかせください。
いつでもお電話お待ちしております!

お問い合わせ・資料請求